最新パッチ情報まとめ

ウィングマンのナーフ

・連射速度が3.1 – > 2.6に減少しました。

・スカルピアサーライフリングのHSダメージ倍率が2.5から2.25に減少しました

・ベースヒップファイアの広がりが増加し、ヒップファイアの広がりが減衰する率が減少。

※要するに、撃ったときのクロスヘアの広がりが大きくなり、時間経過によるクロスヘアの収縮時間が伸びる。

ピースキーパーのナーフ

・ショットガンボルトのリチャード率(連射速度)が、ピースキーパーの場合のみ減少。

・ショットガンボルトLv1が 10% – > 7.5%

・ショットガンボルトLv2が 20% – > 13%

・ショットガンボルトLv3が 25% – > 16%

共通

・ピースキーパーとウィングマンの出現率が全てのティアゾーンで減少。

・すべてのティアゾーンでエネルギーアモやエネルギーアモのウェポンの入手確率が上昇。

P2020とモザンビークはバフ(強化)しない理由

・モザンビークをおもちゃにする文化を無くしたくないんだ。

・真面目な話をすると、私達の目標はウェポンが「パワーカーブ」を持つことです。「パワーカーブ」とは一部の ウェポンがより弱く、より一般的(ここでいう一般的とはレア度が低く、出現率が高い)になる一方で、 他の ウェポンがより強く、より希少になることです。 一部のウェポンはホップアップやアタッチメントを完全に装着するまでは能力が意図的に落ちることがありますが、 パワーカーブの一番下にある他のウェポンは初期のゲームでメレー攻撃より優れています。アップグレードはできません。 私達は「パワーカーブ」を保ちつつ、より面白いウェポンにする方法についてプレイヤーからいくつか良い意見をもらいました。 プレイヤーのデータと意見を監視し、社内で様々な事を試していますが、今のところ変更には至っていません。

切断問題の修正

・コースティックのアルティメットアビリティを投げている間に時々切断を引き起こす問題。

・パスファインダーが味方復活時に時々切断を引き起こしていた問題。

・アタッチメントを捨てるときにプレーヤーが時々切断される問題。

・ジブラルタルのパッシブアビリティのシールドを引き上げるときに切断を引き起こしていた問題。

・プレイヤーが観戦モードに入るときに時々切断を引き起こしていた問題。

レジェンドのバランス調整

・コースティック、パスファインダー、ジブラルタルのヒットボックスサイズの縮小と最適化。

・ヒットボックスのサイズをキャラクターギアとモデルに合わせて調整。

※これらの調整はゲームに大きな影響を与えるので、調整したくはありませんでした。
調整が不十分であると判明した場合は、シーズン1の間に追加の調整を検討します。

コースティック

・トラップ – クールダウン時間を30秒から25秒に短縮。
・トラップ – 半径と近接半径を約10%増加。
・トラップ – プレイヤーに与える毒ガスダメージの1秒の遅れを取り除きました。

パスファインダー

・パッシブアビリティの「内部情報」を使用できる場所を10から12に増やしました。

ライフライン

・ケアパッケージ – レベル4アーマーとレベル4ヘルメットが入っているというわずかな可能性を取り除きました。

レイス

・戦術アビリティの虚空へ – クールダウンが20秒から25秒に増加。

バンガロール

・パッシブアビリティの駆け足 – 移動速度のボーナスを40%から30%に減少。

コメントを残す

エペ速をフォローする

おすすめ記事