シーズン1:ワイルドフロンティアパッチノート

バトルパスの紹介

・ロビーにバトルパスタブを追加しました。

・コスト:950 Apexコイン

・シーズンを通して100個以上のアイテムを獲得できます。

PCとXboxでシーズン1のダッシュボード画像を更新しました

・メインメニューをシーズン1のアートに更新しました。

・シーズン1のロビーのビジュアルを更新しました。

・バトルパスに関する情報をApex Legends公式サイトのFAQに更新しました。

バトルパスバンドルの紹介

・バトルパスを取得し、バトルパスレベルを25レベル分即座にアンロック。

コスト:2,800 Apexコイン

無料の報酬

シーズン1の間にApex Legendsをプレイした人は以下の報酬を無料で獲得できます。これはバトルパスを購入しても獲得できます。

・ワイルドフロンティアレジェンドスキンx1

・Apexパックx5

・ワイルドフロンティアをテーマにした統計トラッカーx18

新レジェンド「オクタン」の追加

安定性とパフォーマンス

このパッチには、PC上の安定性を改善するための修正がいくつかありますが、他にも対処しなければならない問題が残っていることは理解しています。また、クラッシュレポートを追加したため、まだ解決していない問題の対処方法や将来起こりうる問題の対処方法を開発スタッフが把握し対処しやすくなりました。

・GPU構成に対する安定性が向上しました。

・メモリ不足でPS4がクラッシュする問題を解決しました。

・エラーメッセージが表示されずにApexがPCでクラッシュしたときのレポート機能の向上。

私たちは全てのクラッシュ問題を解決したいと考えています。また、プレーヤーのプライバシーを尊重しています。そのため、PC版Apexでゲームがクラッシュした場合、あなたの"Documents"フォルダに"apex_crash.txt"を書くようにしました。このファイルはプレーンテキストなので、個人情報は保存しません。このファイルを私達開発者と共有する設定にした場合、クラッシュの原因がApexまたはサードパーティソフトウェアのどちらに起因していたのかが分かります。原因がApexにあった場合、私達プログラマーは修正するためにその情報を使うことができます。クラッシュした場合は、報告時にこのファイルを含めてください。

・私たちはあなたの個人情報を保護します。

・ファイル内のすべてのものを自分で簡単に見ることができます。秘密はありません。

・あなたは私たちがファイルを見るかどうかを設定できます。

・PC版Apexで不正行為についてのPlayer報告機能を追加しました。
あなたは死んだ後や、チームタブからあなたのチームメイトのバナーカードを見たときにプレイヤーを報告することができます。

・499,937アカウントを不正行為によりBANしました。

・PS4,XBOX版で不正行為についてのPlayer報告機能を追加しました。
あなたは死んだ後や、チームタブからあなたのチームメイトのバナーカードを見たときにプレイヤーを報告することができます。

・サーバー全体のパフォーマンスを向上させるためにスカイダイビングを最適化しました。

・Apex Packを開封したときにクライアントがクラッシュすることがあったバグを修正しました。

ゲーム内の調整


・PS4、XBOX版で細かい設定ができるよう変更しました。

・[ビデオ]タブに "Sprint View Shake"設定を追加しました。
これを "最小"に設定すると、乗り物酔いに弱いプレーヤーに役立ちます。

・[コントローラー]タブに "Trigger Deadzones"設定を追加しました。

・[コントローラー]タブの下に "Advanced Look Controls"設定サブメニューを追加しました。

・ジャンプマスターのポジションを他のプレイヤーに渡すと、新しいジャンプマスターに加えてレジェンドのVOラインが聞こえるようになりました。 今まで3人目のプレーヤーはそれが聞こえなかった。

・パスファインダーのグラップリング:アイコンを更新

・パスファインダーのグラップリング:プレイヤーがグラップリング可能な地形範囲内にいるときに表示する十字線の近くにインジケーターを追加しました。

・グラップルポイントからのマントリングが改善されました。

ノックダウンシールドのUIの改善

 ・あなたがゴールドのノックダウンシールドを持っていてダウンしているとき、あなたが自己復活できることをあなたに思い出させる効果をラベルに加えました。

・プレーヤーがマップ全体を表示しているときに表示されるリングインジケーターがプレーヤーの位置を正確に表示していなかったため、修正しました。

・ダメージを受けている間のキャラクターアニメーションは、ダメージが発生している方向を正確に反映するようになりました。

・遮音された音が遮音されないことがあるというバグを修正しました。

・キングスキャニオンで行方不明の地域に関する問題を修正し、プレイヤーが動けなくなってしまったいくつかの場所を修正しました。

・ホルスター付き武器の添付ファイルを削除したときに発生する可能性があったスクリプトエラーを修正しました。

・ 文法上の問題、ナビゲーションの改善、および要素の構成を修正しました。

・PCユーザーがデスボックス内のアイテムをスクロールしながら、常に武器を切り替えるのを修正しました。

・マッチメイキング中に商品を購入することでサーバーの安定性の問題が発生することがあるという問題が修正されました。

・スカイダイビング中に発生する可能性があったスクリプトエラーを修正しました。

・スカイボックスの霧が減少しました。

・プレイヤーが障害物に潰されてしまう可能性が低くなるように、補給物資のコードを調整しました。それでも殺されるのであれば私たち開発者に知らせてください!

・チャットボックスがアクティブになったときにプッシュトークができなくなるようにしました。

・マップが開いている間、LT / RTは観戦モードのプレイヤーを切り替えません。

・ミニマップを更新して、メインマップ上の地理的位置と関心のある地点をより正確に反映しました。

・キー割り当てメニューのUIにsound FXを追加します。

・制限文字数に達したメッセージを送信したときにプレイヤーの名前が表示されない問題を修正しました。

・稀にチャンピオンの画面解像度がワイドスクリーンの解像度で引き伸ばされるというバグを修正しました。

・稀にジップラインの音が鳴り続けるというオーディオのバグを修正しました。

・字幕のサイズを変更するためのユーザー補助オプションが追加されました。

カラーブラインドプレイヤーの改善/修正:
ブラッドハウンドのパッシブアビリティ「全能の目」のカラーブラインドサポートを追加しました。
色盲色が設定メニューに表示されるようになりました。

・カラーブラインド設定は、ビデオ設定からゲームプレイ - >ユーザー補助に移動しました。

・ピングは赤だけではなく適切な敵カラーを使うようになりました。

オーディオ:
・レイスがポータルを起動したときの音量を下げました。

・ピースキーパーのチャージショットの音量を下げました。

・テルミット手榴弾のドロー/ホルスター音量を少し下げました。

レジェンドのヒットボックス調整:

コースティック、パスファインダー、ジブラルタルのヒットボックスサイズの縮小と最適化

ヒットボックスのサイズをキャラクターギアとモデルに合わせて調整。

レジェンドのアビリティ調整:
コースティック

トラップ - クールダウン時間を30秒から25秒に短縮
トラップ - 半径と近接半径を約10%増加
・トラップ - プレイヤーに与える毒ガスダメージの1秒の遅れを取り除きました

パスファインダー

パッシブアビリティでハッキングできる場所を10から12に増やしました

ライフライン

ケアパッケージ - レベル4アーマーとレベル4ヘルメットが入っているというわずかな可能性を取り除きました

レイス

戦術アビリティの虚空へ - クールダウンが20秒から25秒に増加

バンガロール

パッシブアビリティの駆け足 - 移動速度のボーナスを40%から30%に減少。

追加のバグ修正

・プレイヤーがドロップシップにて無敵になる可能性があるという稀な問題を修正しました。

・ジブラルタルの盾にある穴をあけました。

・ライフラインの復活シールドが移動中のプラットフォーム上に置かれたままにならないという問題が修正されました。

・ドロップシップやジャンプタワーからのスカイダイビング中にプレイヤーがマップジオメトリで動けなくなることがある問題を修正しました。

撃墜された後もプレイヤーがまだ撃つことができるというバグを修正しました。

・ライフラインの回復ドローンが時折起こすバグを修正しました。

プレイヤーに接続できるライフラインのDOCドローンの数を2つに制限しました。(1人2つまで接続可能)

・ジャンプ時にパスファインダーのジップラインが展開されない問題を修正しました。

・ヒールを開始した直後にキャンセルした場合、ヒールバーが止まることがあるというHUDのバグを修正しました。

・稀にノックダウンシールドのオーディオが再生し続けるというバグを修正しました。

・ゲーム中にコントローラを抜いたときにプレイヤーが切断されることがある問題を修正しました。

・パスファインダーのグラップリングを使用して無限のウォールクライミングができるという悪用を修正しました。

・ジップラインに乗った後にピースキーパーを発射できないことがあるというバグを修正しました。

・非常に高いFOVを通して見たときにバナーカードが稀に壁を通して見えるというバグを修正しました。

・ジャンプタワーズ(風船)に付けられた気球の旗に起こっていたいくつかの奇妙な軽いちらつきを修正しました。

・プレイヤーのバナーカードがキャラクター選択後に表示されないことがあるというバグを修正しました。

RAZER CHROMAサポート

Apex LegendsはRazer Chroma周辺機器を検出するようになり、サポートされているデバイスはゲーム内で反応するアニメーションカラーを再生するようになります。いくつかの例:

・バナー遷移中は赤く点灯します。
・スカイダイビングの色はあなたのスモークトレイルの色に合わせます。
・戦利品を拾う。
・Apexパックを開く
・発砲してダメージを受ける。
・アルティメットアビリティの準備が整ったときに点滅する色。
・その他

コメントを残す

エペ速をフォローする

おすすめ記事